アロマテラピー情報

乳幼児とアロマテラピー。気をつけるべきことは?

投稿日:

ベビーマッサージはどうやったらいいの? アロマで乳幼児に気をつけるべきことは?

ベビーマッサージで赤ちゃんとふれあおう

赤ちゃんに対して「ベビーマッサージ」を行なうことがあります。
ベビーマッサージには2つの大きなメリットがあり、大変おすすめです。ひとつは赤ちゃんのかさついたお肌に潤いを与えてくれること。もうひとつは、手で優しくふれてあげることによって安心感を与え、スキンシップをはかることができることです。にこにこ笑いながら、そして優しく話しかけながら行なうと良いでしょう。

このときに使用するオイルですが、原則としてエッセンシャルオイル(精油)は使用せず、スイートアーモンドオイルホホバオイルグレープシードオイルなどのキャリアオイル(植物油)のみで行います。乳幼児は一般的に抵抗力が弱く、体重も少ないため、精油の影響を受けやすいと考えられています。精油を使うのはお部屋での芳香浴のみとし、マッサージの際にはキャリアオイルのみを利用すると良いでしょう。

キャリアオイルとしては、軽い使用感のホホバオイルがおすすめです。おしりのおむつかぶれなどがある部分にはスイートアーモンドオイルが向いています。

また、3歳以上のお子様にマッサージを行なう場合も、ブレンドする精油の量は極力少なくするようにします。大人の量の半分以下を目安にすると良いでしょう。

アロマは赤ちゃんにも効果があるの?

赤ちゃんも香りでリラックスするのでしょうか?
これに関しては大人と同じように個人差が大きいと思いますが、「ラベンダーの香りで赤ちゃんの寝付きが良くなった!」というお声もよく聞きますので、寝付きが悪い夜などはお試し頂くとよろしいかもしれません。

ティッシュに1~2滴染みこませるだけでもフワッと香ります。香りは弱めが基本。熱くなるような器具はやけどの可能性があるため避けてください。ラベンダーカモミール・ローマンマンダリンオレンジなどがおすすめです。

ただ、やみくもにアロマに頼るのは、あまりおすすめ出来ません。赤ちゃんがもっともリラックスするのは、ギュッと抱きしめてくれる大好きな「母親の香り」。それを大切にしてください。

寝付きがよくなったという人も意外と多い?

一番重要なのは誤飲を避けること

乳幼児でもっとも注意しないといけないのは、誤飲の危険性です。精油の小瓶は、絶対に手の届かないところに保管してください。

誤飲事故がもっとも多いのは2歳児くらいです。このくらいになると活発に動きまわりますし、キャップを空けるくらいは出来てしまいます。ドロッパーがついている精油がほとんどですので、ゴクゴク飲むことは通常は考えにくいですが、舐めたり、あるいは目に入れてしまうことがあるかもしれません。思わぬ事故を防ぐためにも、精油の保管には十分お気をつけ下さい。

人気のアイテム

1

選んで楽しい! 40種類からエッセンシャルオイル(精油)が5本が選べる、超お買い得なセットです

2

お湯がたっぷり入ります! アロマポット オイルウォーマー ピッチャー セパレートタイプの陶器製アロマポット オイルウォーマー ピッチャーは、かわいいデザインの陶器製アロマポット。 お湯がたっぷり入るた ...

3

リーフ模様がとてもきれいなアロマライトです おしゃれな陶器のアロマライト 「リーフ」は、陶器製のおしゃれなアロマライト(電気アロマポット)。受け皿に精油をたらし、スイッチを入れると、やわらかな光と香り ...

4

お月見をする猫を描いたコンセント式アロマライトです 猫の後ろ姿がかわいい! おしゃれなアロマライト 壁のコンセントに直接差し込むコンセント式アロマライト。受け皿に精油をたらし、スイッチを入れると、やわ ...

5

イルミネーションがきれい! ファンの風の力で香りをひろげるアロマ芳香器です 火や熱を使わないアロマ芳香器。電池式 アロマブリーズはファンを回転させることにより香りを拡散させるアロマ芳香器です。フタをは ...

-アロマテラピー情報

Copyright© アロマテラピーショップ夢香房 , 2019 All Rights Reserved.