アロマテラピー情報

精油の抽出方法

投稿日:

精油はどうやって抽出するの? 精油の作り方は?

精油を作るための4つの方法

精油はどうやって作るのでしょうか? また、家庭でも作れるものでしょうか?
多くの精油は「水蒸気蒸留法」という方法を使って抽出します。原料となる植物を蒸留釜に入れて水蒸気を当て、後で冷やして水とオイルを分離します。大掛かりな道具が必要ですので、これをご家庭で行なうのは大変でしょう。
(ミニサイズの蒸留器も10万円くらい出せばないことはないですが・・・)

子供のころ、みかんの皮を指でグッと押しつぶして、汁をピュッと出した経験はないでしょうか? このときに出る汁も精油です。柑橘の精油の中には、このように圧力をかけてしぼり出すものもあります。
以下に精油の主要な抽出方法を4つご紹介します。

水蒸気蒸留法

葉や全草、木などから精油を抽出する場合に用いられます。原料となる植物を蒸留釜に入れ、下から水蒸気を通します。芳香成分を含んだ水蒸気を冷却管で冷やし、水と分離するとエッセンシャルオイル(精油)が得られます。一緒に得られる水はフローラルウォーターと呼ばれ、水溶性の芳香成分が溶け込んでおり、わずかに香りがあります。
水蒸気蒸留法は、現在、最も多く使用されている抽出方法です。ラベンダーカモミールローズマリーなどはこの抽出法により抽出されます。

圧搾法

果実の皮から精油を抽出する場合に用いられます。果皮に圧力をかけて絞りとります。以前は手作業で皮を押しつぶしていましたが、最近は機械で果実ごと潰して、後で精油と果汁を分離する方法がとられるようです。オレンジレモングレープフルーツなどは、この抽出法により抽出されます。

溶剤抽出法

花や樹脂から精油を抽出する場合に用いられます。原料を石油エーテルなどの揮発性溶剤につけると、芳香物質が溶け出します。溶剤を揮発させると、香り成分と植物ワックスの塊(=コンクリート)ができ、これをさらにエタノールにつけると、再び芳香物質が溶け出します。最後にエタノールを揮発させれば完了です。
ジャスミンローズベンゾインなどは、この抽出法により抽出されます。
ちなみに、溶剤抽出法で抽出された精油のうち、花やハーブから抽出されたものを「アブソリュート」、樹脂などその他の部分から抽出されたものを「レジノイド」と呼びます。

二酸化炭素抽出法 (超臨界流体抽出法)

超高圧の二酸化炭素ガスを利用した抽出法です。高圧をかけて液化した二酸化炭素を使い、植物の芳香成分を抽出します。その後、常圧に戻して二酸化炭素を気化させれば、エッセンシャルオイル(精油)を抽出することが出来ます。
比較的新しい抽出法で、熱による物質の変質などが防げるメリットがあります。

人気のアイテム

1

選んで楽しい! 40種類からエッセンシャルオイル(精油)が5本が選べる、超お買い得なセットです

2

お湯がたっぷり入ります! アロマポット オイルウォーマー ピッチャー セパレートタイプの陶器製アロマポット オイルウォーマー ピッチャーは、かわいいデザインの陶器製アロマポット。 お湯がたっぷり入るた ...

3

リーフ模様がとてもきれいなアロマライトです おしゃれな陶器のアロマライト 「リーフ」は、陶器製のおしゃれなアロマライト(電気アロマポット)。受け皿に精油をたらし、スイッチを入れると、やわらかな光と香り ...

4

お月見をする猫を描いたコンセント式アロマライトです 猫の後ろ姿がかわいい! おしゃれなアロマライト 壁のコンセントに直接差し込むコンセント式アロマライト。受け皿に精油をたらし、スイッチを入れると、やわ ...

5

イルミネーションがきれい! ファンの風の力で香りをひろげるアロマ芳香器です 火や熱を使わないアロマ芳香器。電池式 アロマブリーズはファンを回転させることにより香りを拡散させるアロマ芳香器です。フタをは ...

-アロマテラピー情報

Copyright© アロマテラピーショップ夢香房 , 2019 All Rights Reserved.