アロマテラピー情報

アロマテラピーの歴史

投稿日:

香りはいつ頃から利用されてきたの? アロマテラピーが誕生したのはいつから?

人と香りのつながりは古代エジプト時代から

人と香りのつながりはとても古く、古代エジプト時代にまでさかのぼります。
エジプトではミイラ作りのためにフランキンセンスやミルラが使われ、儀式の際には香りを焚く薫香が行われました。
古代ギリシャでは、アリストテレスの弟子であるテオフラストスが植物の分類や研究に従事して「植物学の祖」と呼ばれ、古代ローマではプリニウスが全37巻にも及ぶ壮大な『博物誌』を著しました。
また、『新約聖書』には東方の三賢人がイエス誕生の際に黄金と乳香(フランキンセンス)、没薬(ミルラ)を捧げたというくだりがあります。

中世には香料産業が発達

植物から精油を取り出す「蒸留(じょうりゅう)」には、錬金術が関係しています。
錬金術というとなにやら怪しげな呪術を連想させますが、実験を通してさまざまな物質を作り出す正統な学問の1つで、現代の化学の前身ともなったものです。
精油の蒸留がはじまった時期は定かではありませんが、芳香蒸留水を製造し医学に応用したのは、アラビアの天才医学者イブン・シーナーです。11世紀に書かれた彼の著書『医学典範』は、17世紀にいたるまで西洋の医科大学で教えられてきました。

17世紀になると、イタリア人のジョヴァンニ・パオロ・フェミニスが、ドイツのケルンで「すばらしい水=オーアドミラブル」を発売し、大評判となりました。この「ケルンの水」は最古の香水として知られますが、当時は胃薬としても使われました。これはフランスで「オーデコロン」として商標登録されています。
同じころ、ヨーロッパの貴族たちの間で香水が非常に好まれるようになり、フランス南部のプロヴァンス地方などが香水の町として発展しました。

医薬品として、そして香水として、植物のエッセンスは活用されていきます

アロマテラピーの誕生と普及

アロマテラピーが誕生したのは最近のことで、20世紀に入ってからです。
フランス人化学者ルネ・モーリス・ガットフォセが実験中に大やけどを負い、ガス壊疽(えそ)をおこした患部にラベンダーを塗ったところ非常に経過が良かった、というエピソードがあります。
この経験から、彼はエッセンシャルオイル(精油)の研究に没頭し、1937年に『Aromatherapie』を著しました。アロマテラピーという造語は彼が考案したものです。

その後、アロマテラピーはフランスとイギリスで違った方向で発展をとげます。
フランスでは、主に精油のもつ薬理作用の面が注目されました。フランスの軍医であったジャン・バルネ博士は、殺菌や消毒など、クスリとしての精油の作用について研究を行いました。

一方、イギリスでは、こころとからだのバランスを正常化させて健康を促進するという、ホリスティックな(全体的な)アプローチがとられました。精油を希釈してマッサージを行なう手法もイギリスで確立していきます。
イギリスのロバート・ティスランドは1978年に『芳香療法・理論と実際』を著し、アロマテラピーを体系的な学問としてまとめ上げました。ロバート・ティスランドやシャーリー・プライスらの活動により、アロマテラピーは発展と大衆化を実現していきます。

日本で普及がはじまったのは90年代のころ。ストレス社会に生きる現代人に安らぎを与えるものとして、アロマテラピーは今後ますます注目を集めていくことでしょう。

人気のアイテム

1

選んで楽しい! 40種類からエッセンシャルオイル(精油)が5本が選べる、超お買い得なセットです

2

お湯がたっぷり入ります! アロマポット オイルウォーマー ピッチャー セパレートタイプの陶器製アロマポット オイルウォーマー ピッチャーは、かわいいデザインの陶器製アロマポット。 お湯がたっぷり入るた ...

3

リーフ模様がとてもきれいなアロマライトです おしゃれな陶器のアロマライト 「リーフ」は、陶器製のおしゃれなアロマライト(電気アロマポット)。受け皿に精油をたらし、スイッチを入れると、やわらかな光と香り ...

4

お月見をする猫を描いたコンセント式アロマライトです 猫の後ろ姿がかわいい! おしゃれなアロマライト 壁のコンセントに直接差し込むコンセント式アロマライト。受け皿に精油をたらし、スイッチを入れると、やわ ...

5

イルミネーションがきれい! ファンの風の力で香りをひろげるアロマ芳香器です 火や熱を使わないアロマ芳香器。電池式 アロマブリーズはファンを回転させることにより香りを拡散させるアロマ芳香器です。フタをは ...

-アロマテラピー情報

Copyright© アロマテラピーショップ夢香房 , 2019 All Rights Reserved.